こちらから動画の一部をご覧になれます。

◆時とリスクを制御して勝つテニス◆

この内容は下記の方を対象にしています。

シニアテニスのトレーナーさま及び中学・高校テニス部活顧問さま
現役の中学・高校・シニアテニスプレーヤーさま
テニスプレーヤーのお子さまを持つ保護者さま

指導・解説者プロフィール

テニス監修者?堀内晶一教授

堀内 昌一

関東リーグ男子5連覇、女子8連覇など数々の指導実績を作りながら世代を超えた普及、強化活動を行う。
日本テニス協会公認マスターコーチとして指導者の養成にも携わり、名実共に指導者の中の指導者でありながら、今も尽きせぬ工夫と、親しみやすい人柄を織り交ぜたコーチングで、日本のテニス界全体をリード。
本作では映像で伝えられる自身のコーチング術の集大成として、分かりやすく、これなら勝てると選手が感じられるようになる考え方とドリルを、実際の現場でのやり方と流れで公開。

ちょっとやり方を、考え方を変えただけで劇的に変わるテニス

中学になると「1853年にマシュー・ペリー率いるアメリカ海軍東インド艦隊
通称黒船が浦賀沖に来航」など年号を学びますが、このままではなかなか

覚えられませんよね。そこで「人(1)は(8)いつ(5)見(3)た黒い船」等の 語呂合わせという方法に変えるだけで膨大な年号がすんなり身に付くようになります。

高校になると周期表を覚えるのに「水平リーベ僕の船♪」なんて歌で覚える
方法まで出てきます。机にかじりついて教科書とにらめっこしつつひたすら暗記!
書き取り!だったやり方を語呂合わせや曲に乗せるというやり方にちょっと変えるだけで
今まで全然身に付かない勉強内容があっという間に吸収できるようになるんですね。
俄然、成績もアップします。

今までのやり方、考え方をちょっと変える…これの効果が発揮するのは
勉強だけではありません。

テニスだって同じ。今までの考え方、やり方で上達しない、伸び悩んでいる…
それは才能が無いから?努力が足りないから?

違います。

今までのやり方や考え方で自分の思うようなテニスが発揮できないのなら
ちょっとだけそのやり方や考え方を変えれば良い。とっても簡単なことなのです。

最初に「こんなに厳しい練習しているのに」「あんなに努力したのに」を付けて 思い当ることはありませんか?

  • スマッシュが決まらない
  • 打点について今でも注意を受ける
  • サーブに弱い
  • 相手のミスを利用したり自分のチャンスに変えることが苦手
  • ボレーミスが多い
  • 狙ったコースを外すことが多い
  • 反応と動きが鈍すぎて球を返せない
  • 思い通りに身体が動かせない、思い描いた試合運びが出来ない
  • ズバリ…ちっとも上達しない

ひとつでも当てはまったのならちょっとだけやり方や考え方を変えてみましょう。

今回ご紹介するテニスドリルは3本立て。
全然上達しない、苦手という分野から、もうちょっと強化出来たらな
まで、完全網羅した充実の内容。自信をもってお勧めしたいDVDドリルです。
ちょっと変えるだけ…それだけであなたのテニスが勝つテニスへと変化しますよ。

時とリスクを制御して勝つテニス・Disc1のここがスゴい!

錯覚を理解し、時とリスクを制するテニスで戦う。

テニスコートを実際に紙に書いてみたことがある方は…殆どいないのではないでしょうか?しかし、実際書いてみることで自身のテニスに対するイメージを計ることができます。「ちょっとやり方を変える」ことがコンセプトのDisc1では、テニスというスポーツの戦い方に時間とリスクの制御が不可欠であることがシンプルに理解でき、すぐに練習に組み込めるよう工夫が施してあります。実は多くのコーチとプレイヤーは根本的な部分から錯覚をしてしまっているために、いくら打ち方の練習をしても結果は「勝てないテニス」という結果を残してしまっています。その錯覚を取り払う為にも是非視聴していただきたい内容です。

時とリスクを制御して勝つテニス・Disc2のここがスゴい!

時を作りリスクを減らすオーバーヘッド/あるべきサービスの考え方

従来の打ち方練習を超えテニスに進化と結果をもたらす、幅広い世代がカテゴリーを問わずに組み込めるシンプルな思考と戦術とは何か?「ちょっと考え方を変える」ことがコンセプトのDisc2では、場面場面を再考することで同じ時間で動ける距離が大幅に変わり、またほんの少しコート内の視点を知ることでプレーの成功率も変わるなど、今までのテニスが劇的に変わる秘訣が盛り沢山。先述の通り小学生からシニア、初心者からアマチュアまでもれなく対応する充実の内容です。

時とリスクを制御して勝つテニス・Disc3のここがスゴい!

リスクと時間で考えるロブ、レシーブ、ボレー/ストローク練習を勝つために再考

この最終巻であるDisc3では、テニスの基本的プレーすべてにおける間違いが払拭されるよう、ロブ、レシーブ、ボレー、ストロークを収録しています。試合で勝利を目指す場合、「すべての打球はコートの端を狙う」「ストローク練習に時間をかける」などと考えるのが基本ですが、実は逆効果。それなのにこの逆効果になるような考え方がいまだにテニス界には根付いている部分があります。他の指導書やDVDと違い、ストローク練習は短い時間しか収録されていませんが、この巻にはその理由も明示されています。テニスの基本を根本から考え直しやり方を変えていく…これはプレーヤーさま達だけではなくトレーナーさまも見逃せない驚きの内容です。

益々気になる内容を一部公開

ミニテニスで時の制御を体感する

好きな球種で、トップスピンVSトップスピン、アンダースピンVSアンダースピン、トップスピンVSアンダースピン、その回転数2倍3倍、配球を考えてみる、決められた打点でラリーに繋げる、好きな打点で…とミニテニスをしながら様々な場面を見直していきます。そうすることで自身の打ち方を改めて見直したり、新たな戦術や自分を有利に持って行く流れが掴めるだけではなく、相手の変化が読み取れる能力が養われ、相手をどうイジるかなど余裕のある試合運びが身に付いていくのです。

実際にテニスコートを描いてみてわかること

テニスコートは勿論、ネットも忘れずに描き込んで下さいね。そして実際のコート図と比べてみると…「えっ、ホントはこんなに×××かったの?!」と、ビックリしますよ。コート大きさや形を誤って認識している選手が殆ど。誤った認識での戦術と正しいコート上での戦術は180度変わる、つまり今まで勝てるはずとされてきた戦術が負けを招いていたという恐ろしい事実が発覚します。誤りに気付いたらそれを払拭し、正しい認識を養うことが大切なのです。テニスコートをよく知って仲良くなり、コートを自分の味方に着けましょう。

時を制御する9つの方法とその練習方法

場所・速度・高さ・打点・タイミング・打法(回転)・回転の量・深さ・角度。テニスプレーヤーにとって重要なこの9つに対し徹底的に調整を試みましょう。調整って言われても…?とご不安に思うことはありません。どのように調整練習をすればいいのかを詳しく公開しています。難しく考えることはなく、ここでもちょっとやり方を変えるだけ。ご自身のやりやすいやり方からもう少し早く・もっと高くなど様々な調整をかけていきます。9つの「いつも」を「ちょっと変える」ことで何が生まれ、何が見出されるのか…楽しみですね!

縦の戦術・ゾーンプレー

チャンスを逃す、ピンチの時に敵にチャンスを与えてしまう…なんて悔しい負け方は絶対に避けたいもの。前の調整練習の応用編とも言えるここでは時間を稼ぐ・時間を奪う・場所を得するなどの能力をいつものやり方からちょっと変えて身に着けていきます。その為のゾーンプレー戦術練習法ではカラーコーンを使いますが、持ち合わせがない場合はなにか目印になるもので代用可能。但し、万一ぶつかっても怪我に繋がることの無いよう物選びは慎重に。この練習法で効率的にポイントが取れやすい試合運びが同時に吸収されて行きます。

センターセオリーでリスク削減

敵に振り回される、オープン攻撃が出来ない、などの悩みを打開すべく、センターセオリーを極めていきます。また、相手にセンターを打たれた時、そのセンターセオリーを逆利用すしてサイド・オープン攻撃を仕掛けるという、まさにピンチをチャンスに変える秘訣を伝授。しっかり感覚を身体に叩き込んで試合のリスクを削減していきましょう。リスクを減らすことはそのまま多くチャンスを掴むことにもなり、自身の試合が目に見えて変わっていきます。勿論、勝利だってもう目の前です。

時間を生むテイクバック

相手の時間を奪う、ときたらボールの速さを強化してとことん時間を奪ってやれ。…うん、まぁそれも正しいです。でもそれだけでしょうか?「自分の時間を損しない」ということは考えたことありますか?ここではテイクバックを速く行い、相手を見る時間を増やすことを重要視していきます。スピードがものをいう競技でスピードを極める場面で、実は相手やボールをじっくり観察…なんてカッコいいけどマンガみたいですね。でも通常のやり方や考え方をちょっと変えると、マンガの世界が現実になってしまうかも?!

時間を削り出すリカバリー

時は金なり。これはテニスの世界でも通用する言葉かもしれません。正しくは「時はポイントなり」でしょうか。テニスの試合ではとにかく時間を最大有効に使うことがポイントゲットのカギとなります。無駄な時間はとにかく削って削って削り倒しましょう。ここではクロスステップとサイドステップ混ぜたステップ法を始め、フォア、バックハンド、それらの交差など様々な場面で対応できるリカバリー力強化の練習方法を公開。別角度からのリプレイ映像もあり、自己練習にも安心の内容です。

オーバーヘッドへのボールドリル

ボールから目を離さない、そして身体を動かしやすく効率よく身体が動くよう、テニスにおける「当たり前」「基本」を考え直します。例えば、スマッシュを決めるための当たり前な構えは本当に決めるために役立つのか?誰もがやったことのある基本的なポーズにスポットを当てるなど「考えを見直す」ためのボールドリルです。今までそういうものだと思い込んで取り組んでいた練習、上達が見られないのなら考え方を変えることで打開できる、ということがよくわかっていただけると思います。

体の角度を考える

相手ボールの性格を見極め、より打ち返しやすい身体の角度について考えます。ロブはどのような線を描いてどこに落ちて行くかをよくよく理解した上で、しっかり前を見据えてガッチリと構えるよりも、ちょっと角度を変えてみることでボールが見えやすくかつ打ち返しやすい身体の角度について解説しています。「こうしたほうが良いよ」と軽く言われても選手自身が理解をしていないと簡単に今までのやり方から変えることはできません。初心者でもすぐに「ああ違う!」と実感できるやり方と練習法もシンプルに紹介。

角度について再考

ひとつの打点しか持ってないとエラーが増えてしまいます。とはいえ打点を変えていくことはすんなり出来るものではありません…という誤った考えを払拭しましょう。ここでは短い解説ですが要点をきっちりまとめて分かりやすくお伝えします。タイミングがズレてしまうことを怖がらないで!今までの考えを変えていけば多少タイミングのズレがあっても打ち返すことが高確率で出来るようになります。角度についてしっかり理解していれば打点を変えていくことは驚くほど簡単なのですから。

スマッシュを打つ

高く上がった球を打ち付けるように激しく返すスマッシュ、これが決まった時は気持ちいいですね。カッコよくて一気にモチベーションが上がります。しかし決まらなかった時の気持ちのグダグダ感ったらありません。いつでもどんな時でも、スマッシュをカッコよく決めたいですね。ところでひと言にスマッシュと言っても色々な種類があることはご存知ですか?スマッシュの種類を知って理解すること、その違いを考えることが「いつも決まるスマッシュ」の近道。スマッシュの基本は打ち付けるのではない、捕まえるのですよ。

実戦に近い状態でのサーブ練習

Q.こんなに練習重ねてるのにサーブが上達しないのは何故? A.だって練習と実戦は違うから。 身も蓋もなくて笑ってしまいそうですが、これが事実。現役大学生テニス選手に訊いた「練習と実戦の違い」は、どの選手も感じたことがあるものばかりだと思います。この練習と実戦の違いを理解し、考え方を変えることが大切です。より実戦に近い練習が出来るよう工夫をして、今までの無駄な努力とはオサラバしましょう。特にサーブミスは序盤で失点という情けない結果になってしまいますので、サーブには特に強くありたいものです。

工夫して伸ばすサーブ力

引き続き実戦に強いサーブを身に着けたら、サーブ力をもっともっと強化していきたいと、大抵の選手はより上を目指すストイックさを持っています。それは素晴らしい向上心で、その思いに応えるべくここでは更にサーブ力をぐんぐん伸ばす練習の工夫を公開しましょう。しかし難しいことはないのでご安心を。これこそいつもの練習とちょっと変えるだけの工夫で、頭と身体にすんなり吸収されていきます。指導者さまも、このやり方や考え方を変える工夫は非常に参考になりますのでお勧めですよ。

打ち方に対する考え方

やり方を変える、考え方を変える。今回の教材で一貫してこれを重要視していますが、今までずっと基本である、当たり前であると思い込んできたものを払拭することは、実はそれほど簡単なことではありません。変えることの重要性をより深く理解するため「体験する」ということもとても大切なことです。ここでは体験を交えて打ち方に対する考え方を深めていきましょう。とっても簡単な方法であっという間に今までの思い込みが錯覚に過ぎなかったと確認することが出来るはずです。

ロブをどこに打つか?

テニスは試合中、始終ハプニングの連続と言っても良いかもしれません。ロブをどこに打つか、ということを考えることは非常にシンプルでありながら特に重要性を持っています。敵に考える時間を与えない、有利な状況に持って行かせないロブとは何か?今までのご自身の打ち方を思い返して一緒に考えてみてください。当たり前ですがロブにもスマッシュを打たせない、ハイボレーするしかないロブや抜くロブなど様々な種類があります。そのひとつひとつの特性を改めて理解していくことも上達に繋がっていきます。

勝つためのロブとは

もっと上手になりたい、今より強くなりたい…スポーツやっていれば誰だってそう思うことはあります。何故でしょう?そう、勝ちたいからですよね。相手の攻撃を防ぐ上で重要な役割を担うロブを試合中の緊急事態でも誤差なくミスに繋がらない打ち方を知り、同時に相手の力をうまく利用してこちらに有利に持って行きたいもの。そんな「勝つためのロブ」に関して考え、理解を深めていきます。手や手首だけではなく身体を使うことの大切さや、敵のタイミングを狂わせる回転について解説。

レシーブで返球するエリアの確認

サーブに様々な種類があれば、レシーブもまたそれに応えて変わっていくもの。あなたはレシーブでどこを狙いますか?改めて返球時に狙うエリアの確認をし、何故そこを狙うのかなどを再考していきます。非常に良いところを狙っているようで、実は相手にチャンスを与えてしまっていることもあるのです。テニスの試合において返球時に保険を掛けるということの大切さを知りましょう。試合中に保険を掛けるというのは、消極的に見えて実は強力な攻めに変化する結果に繋がるシーンが数多くあります。

200キロサーブをレシーブするために

2016年の全米オープンにて逆転勝利をたぐり寄せたといわれる200キロ越えサーブ。驚異の爆弾サーブと言っても他言ではないのではないのでしょうか?こんなサーブ出されたらレシーブできないほうが当たり前…という考えも払拭しましょう。200キロ越えしていたからなんだというのでしょう。打ち返せば良いのです。そんな簡単に言われても~ですか?そんな弱気では勝ち続けるテニス選手には生まれ変われません。ここでは200キロサーブをレシーブする力を養うため、しっかりとした準備練習を披露します。

考え方でリスクを減らす

ボレーでは場所を優位にとる、時間を優位に使うことがキーワードとなります。そしてそれらを優位にするために相手の力を利用するテクニックを伝授。いつだって大切なのは「考え方を変える」こと。飛ばさない、腕を使わない、身体の回転運動を利用する、ラケットの持ち方を見直す等々、今までのやり方や考え方を理解しながら少しずつ変えていきましょう。リスクを減らす考え方は、同時にチャンスを増やす考え方となります。リスクは出来る限り減らし、チャンスをたくさん増やしていきましょう。

ボレーの矯正練習

基本的な練習に戻ってしまいますが、ボレーにおいてよくある誤りやよく見られる欠点などを徹底的に矯正していきましょう。瞬時な反応と動きが決め手となるボレーは、例えその反応と動きが完璧でも間違えた認識や直らない欠点をそのままにすることで台無しになってしまいます。でもご心配無用、ここまでの練習でステップや動きなどはかなり身に付いている筈ですから、ここでも今までとちょっとやり方を変えるだけですんなりと正しいボレー、強いボレー、決まるボレーが身に付いていきますよ。

ストローク練習の考え方

常に「今までのやり方を変える」「今までの考え方を変える」ことがコンセプトのこの教材DVDでは、ストローク練習についても変えていきます。殆どの選手が第2局面であるストローク練習を重要視し、多くの時間を練習に費やして来ました。しかしそれは大きな落とし穴なのです。ストロークについて、えっこれだけ?と思うほど解説などはすぐに終わってしまいますが、それは何故なのか…是非視聴していただきたい内容です。同時に第1局面と第3局面を見直してみましょう。すぐに勝つテニスの為の答えが見つかるはずです。

今までを変える…それがあなたのテニスを勝つテニスへと変える!

ストロークについての考えで誤解しないでいただきたいのは、決してその練習はしなくて良しとしているわけではありません。再考した上でのストローク練習もしっかり収録されています。テニスの常識を根本的から変え、誤りを払拭し、錯覚に捕らわれないテニスを吸収することが狙いのこのDVDは、観ているだけでも霧が晴れたように今までの「何故?」に答えをくれることでしょう。そして今までとの違いを面白がっているうちに自然に今までとは変わったテニスが身に付いていきます。そして勝ち続けるテニスはもうあなたのものです!

以上、ほんの一部内容を公開してみました。
「多すぎ…」?「キツそう…」? いえいえご安心ください。

先にご説明の通り、苦手分野や伸び悩む部分は十人十色。
だからこそどのような悩みをお抱えの方にも全て対応できるよう
細まやかな仕上がりにしようと思えばこその内容量です。
一番苦手分野なところから始めて、上達してきたら更に強化したい分野に
取りかかったって良いのです。
折角の内容量も続かなければなんの役にも立ちません。
ここでも「ちょっと考え方を変えて」ストイックになりすぎず、ご自分に無理のない
ペース
で取り組んでいただきたいと思います。

それに、今までの練習から「ちょっとやり方を変える」のですから
意外に今までより練習内容が楽に変わってしまうかも?ということもあります。

兎に角面倒なことや厳しいことは何もありません。
しつこいようですが今までを「ちょっと変える」だけなのですよ。

そうしてちょっと変えて得るものはどんなことでしょうか…?

  • テニスに適した動きが自然に身に付く
  • 敵のチャンスを逆利用出来るようになる
  • サーブやボレーの強化
  • 本番試合に強くなる
  • ロブを見直し、勝てるロブを習得
  • 狙い通りに球が打てる
  • どんなに練習しても上達しない欠点を克服
  • 勝ち続ける試合運びでテニスがもっと好きになる!

等々…いえ、もっともっとあります。

今までの誤った基本的な練習を払拭し、今までとは違う考え方へ
そしてちょっとやり方を変えることで着実にあなたのテニスは
勝つテニスへ
と変わります。

これまでずっとテニスを頑張ってきた全ての皆さまへ
ひとりでも多くの方々に実現させてほしいから
今回この充実の内容を詰め込んだDVDドリル
3枚組でありながら17000円(税別)のお求めやすい価格でご紹介しています。

但し、このDVDをご購入前にたったひとつだけお約束してください。

それは…このDVDの内容を理解した後、忠実に練習に取り入れること。

これだけお約束していただけますでしょうか?

今回のドリルはやり方を見直す、再考するだけでも充分変化をもたらすことでしょう。
しかし勿論頭で理解するだけではなく、身体に今までの誤りを払拭させ
正しいやり方を身体に刻み込むことで動きが、試合運びが、スピードが変わり
そして勝利へと繋がるのです。

忠実に練習に取り入れること。
そうすることで確かにあなたのテニスが激変していきます。

価格17,000円(税込:18,360 円)
※別途 送料540円がかかります。
配送版 DVD:disc1 78分、 DVD:disc2 80分、 DVD:disc3 80分

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら
※内容についてのご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

03-6869-5568
(平日:9時から18時受付)

【株式会社トレンドアクア スポーツDVD事業部】

※当商品は、中古販売、キャッシュバックサイト等の出品を禁止しております。
その為、中古販売(メルカリ、ヤフオク)、キャッシュバックサイト等から
購入されたお客様はサポート対象外になりますので、ご注意お願い致します。

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用可能です。
なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さいませ 。

<発送に関しまして>

・毎週、月曜日~土曜日まで毎日の発送となります。(日・祝・年末年始・GWを除く)

・申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
その場合は順次発送いたしますので、商品到着までお待ちくださいませ。

・配送会社はクロネコヤマトDM便(郵便ポスト投函)となります。

・到着まで3日~5日程かかります。予めご了承だけますよう、宜しくお願い致します。

よくあるご質問

トレーニング用品など別途購入の必要はありますか?
この教材DVDでは、カラーコーン、タブレット、ネットラケットなどテニス用具以外の道具も登場します。学校やスポーツクラブであれば大体揃う物ばかりですが、どうしても持ち合わせがない場合は他の物でも代用可能です。カラーコーンやタブレットは目印になればどんな物でも構いませんが、怪我防止のため危険な物(鋭い突起物があるものや石などの堅いもの)は避け、安全に取り掛かれるようご注意くださいませ。一般家庭などでカラーコーンなどを別途購入する必要はございません。
全くの未経験者でも取り組める内容でしょうか?
はい。未経験の方ですと教材選びもご不安でしょうが、この教材DVDは特に未経験の方に適しています。長年叩き込まれた錯覚を払拭する必要がなく、最初から正しい知識を取り入れることが出来ますので、見方を変えれば未経験の方のほうがより適した内容でもあるといえます。
返品は受け付けて貰えますか?
商品及び発送の際には万全を期しておりますが、万が一不良品・ご注文とは異なった商品が届いた場合は必ず弊社までご連絡ください。ご交換対応いたします。
きつい練習内容ではありませんか?
いいえ、商品紹介でもご説明させていただいておりますが、あくまで今までのやり方を再考しちょっとだけ変えていくだけの内容ですので、成長期に当たる中高校生から年配のシニア選手まで全年代に対応しております。いつもの練習以上に激しい運動量を求める内容ではございませんのでご安心くださいませ。
領収書は発行してもらえますか?
はい、ご希望であればお手配いたします。領収書をご必要とされる場合は購入後に必ず弊社までお問い合わせくださいませ。ご入金を確認次第、発行及びお送りいたしております。

ここまでお付き合いくださった方々へ

最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございます。
きっと、ここまで読み進めていただけたのは
あなたが心からテニスを愛し、向上心がある方なのだと思います。

殆どのプレーヤーさまはもっと強くなりたいとか、もっと上達したいとか思い
そして勝ちたい、と思われているでしょう。
トレーナーさまもまた、ご自身の教え子さんに望むことですね。

弊社トレンドアクア㈱は、自社で数々のスポーツ教材DVDを作成しています。
素晴らしい功績をお持ちの方や、驚きのトレーニング方法を編み出している
監修者さまと連携し、皆さまに満足していただける内容、そして確実に
結果の出る方法を世に出して参りました。

おかげさまでお客さまにはお喜びの声が数多く届いております。

今回ご紹介のDVDは、弊社作成のものではございませんが、弊社は「良質である」
「これなら確実に結果が出せる」「お客さまにお喜びいただける」と
確信したものは、たとえ他社さんのものであってもご紹介しております。

の為弊社はこの度、「時とリスクをして勝つテニス
~結果が出せる考え方とその実践ドリル~
というDVDをご紹介させていただきました。

弊社は、あなたのようなテニスを愛し頑張る方のお役に立てることを
なによりの喜びとしています。

今回ご紹介のDVDがきっとあなたのお役に立てますように祈りを込めて…。

出来ましたら弊社にあなたのお声もお聞かせください。
効果が実感できた時、目に見えて上達に繋がった時、そして勝利を掴んだ時等々。

楽しみにお待ちしております!

今回は見送りと判断されたあなたへ…

この度はあなたのお役に立てず、誠に申し訳ございません。

しかし、最後までお付き合い下さったあなたは
本当にテニスという球技を愛しているのだと思います。

先述の通り、弊社はお客さまのお役に立てることを喜びとし
スポーツ教材DVDの制作をはじめ、これはすごい!と思った教材DVDは
他社さんのものでも惜しまずご紹介しております。

弊社はそんなあなただからこそ、お役に立ちたいと思うのです。
これからも弊社は良質の教材を多く制作およびご紹介させていただきます。
この先もずっとあなたを応援したいから、いつかきっとあなたのお役に立てますように…。

またちょっと思うところがあれば、今回のDVDや弊社のことを
思い出して下さると幸いです。

ここまでお付き合い下さいまして、本当にありがとうございました!

価格17,000円(税込:18,360 円)
※別途 送料540円がかかります。
配送版 DVD:disc1 78分、 DVD:disc2 80分、 DVD:disc3 80分

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら
※内容についてのご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ

03-6869-5568
(平日:9時から18時受付)

【株式会社トレンドアクア スポーツDVD事業部】

※当商品は、中古販売、キャッシュバックサイト等の出品を禁止しております。
その為、中古販売(メルカリ、ヤフオク)、キャッシュバックサイト等から
購入されたお客様はサポート対象外になりますので、ご注意お願い致します。

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用可能です。
なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さいませ 。

<発送に関しまして>

・毎週、月曜日~土曜日まで毎日の発送となります。(日・祝・年末年始・GWを除く)

・申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
その場合は順次発送いたしますので、商品到着までお待ちくださいませ。

・配送会社はクロネコヤマトDM便(郵便ポスト投函)となります。

・到着まで3日~5日程かかります。予めご了承だけますよう、宜しくお願い致します。